楽しく身につく|英語を覚えさせるには幼少期がベスト|遊びを通して自然に身に付ける

英語を覚えさせるには幼少期がベスト|遊びを通して自然に身に付ける

楽しく身につく

授業

吸収力が高い

日本では英語教育が大切だと考えられ、義務教育の必修科目になっています。中でも、幼少期から教室に通ったり教材を使いながら英語を学ぶことに人気が集まっています。その理由は、この時期の子どもの吸収力が格段に目覚ましいからです。人間の脳の発達が特に素晴らしいのは、9歳から10歳くらいまでと言われています。特に幼少期には、目や耳に入ってくるものを全て覚える力があります。そのため小さい頃から英語を学習していると、自然と身につくので幼少期の英語教育には人気があります。またこの時期は、日本語の語彙も爆発的に増えます。同じように幼少期から英語学習をすれば日本語と一緒に吸収できるため、学習をするには適した時期と言えます。さらに幼少期の子どもは、あらゆることに興味を持っています。そのため身構えることなく、自然と楽しみながら覚えられる時期です。遊びの延長のような気持ちで取り組めるので長く続けられるし、学習したことも身につきやすくなります。また幼少期に一番効果が出るのはリスニングです。紙と鉛筆を使った学習以上に効力があります。楽しい時間が過ごせる英語教室なら、耳に入ってくる英語は自然と受け止められる上、感覚的に脳に定着していきます。このような学習方法が一番身を結ぶのが幼児期です。そして楽しみながら幼少期に耳にした英語は、成長しても脳に定着しています。学校で本格的に英語の授業が始まっても抵抗なく学習できるメリットがあるため、幼少期に英語を学ぶことに人気が高まっています。

Copyright© 2018 英語を覚えさせるには幼少期がベスト|遊びを通して自然に身に付ける All Rights Reserved.